gvimrc

" ウインドウの幅
"set columns=80
set columns=120
" ウインドウの高さ
"set lines=25
set lines=40

~_vimrc

"行数表示
set number
"バックアップファイル等まとめ
set directory=~/AppData/Local/Temp
set backupdir=~/AppData/Local/Temp
set undodir=~/AppData/Local/Temp
"自動改行しない
"set formatoptions=q
"タブを常に表示
set showtabline=2

"UTF-8対応と改行コードの自動認識対応
set encoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,sjis,utf-8
set fileformats=unix,dos,mac

"タブ幅
set tabstop=4
" 対応する括弧やブレースを表示する
set showmatch
" 改行時に前の行のインデントを継続する
set autoindent
" 改行時に入力された行の末尾に合わせて次の行のインデントを増減する
"set smartindent
" タブをスペースにする
set expandtab

" 0埋めの文字も10進数として扱う
set nf=""

" カーソルが何行目の何列目に置かれているかを表示する
set ruler
" コマンドラインモードで<tab>キーによるファイル名補完を有効にする
set wildmenu
" 入力中のコマンドを表示する
set showcmd
" 小文字のみで検索したときに大文字小文字を無視する
set smartcase
" 検索結果をハイライト表示する
set hlsearch
" カーソルを行頭、行末で止まらないようにする
set whichwrap=b,s,h,l,<,>,[,]
" 構文毎に文字色を変化させる
syntax on

set wrap
nnoremap j gj
nnoremap k gk
nnoremap gj j
nnoremap gk k
nnoremap Y y$

" 無名レジスタに入るデータを、*レジスタにも入れる。
:set clipboard+=unnamed

"起動時デスクトップに移動
if isdirectory( $HOME . "/Desktop" )
    cd $HOME/Desktop
elseif isdirectory( $HOME . "/デスクトップ" )
    cd $HOME/デスクトップ
endif

" If starting gvim && arguments were given
" (assuming double-click on file explorer)
if has('gui_running') && argc()
    let s:running_vim_list = filter(
    \   split(serverlist(), '\n'),
    \   'v:val !=? v:servername')
    " If one or more Vim instances are running
    if !empty(s:running_vim_list)
        " Open given files in running Vim and exit.
        silent execute '!start gvim'
        \   '--servername' s:running_vim_list[0]
        \   '--remote-tab-silent' join(argv(), ' ')
        qa!
    endif
    unlet s:running_vim_list
endif

参考:Vimを常駐化してファイルの読み込みを爆速化する