-pruneオプションを使用して、指定したディレクトリを検索の対象外にする。

man find

-prune True; if the file is a directory, do not descend into it. If -depth is given, false; no effect. Because -delete implies -depth, you cannot usefully use -prune and -delete together.

$ cd /
$ find . -path ./usr -prune -o -name "bash*" 2>/dev/null

-pathで指定した./usrの後ろに-pruneを入れることで、./usr以降の階層を調べないようにできる。
-pruneの影響で./usrだったらTrueになりそれ以下に降りず、./usrでなければFalseになるため、-o(OR検索)以降のマッチングを行ってくれる。